コドミン 4歳

3歳から4歳の子供も飲むことが出来る?コドミンの効果まとめ

コドミンは4歳児に使える?

 

コドミンを使用するお子さんの年齢は、大体5歳から8歳と言われています。

 

そこで、早い時期から多動症の症状が出てしまっている3歳から4歳のお子さんも飲むことができるのか調べてみました。

 

 

多動症のお子様にコドミンがおすすめ

言うことをなかなか聞いてくれない、学校でじっとしていられない、先生や他の父兄からも指摘を受ける・・・。

 

幼稚園から小学校低学年のお子様を持つ家庭では、このような悩みを持つ親が多いと言われています。

 

この原因は究明されていませんが、決して親の育て方や環境が悪かったという訳ではないと言われています。

 

しかし、落ち着きのない子供に親としてどのように接すれば良いのか、子供と接することが苦痛で笑顔になれないなど、ご両親の心労も耐えませんよね。

 

そこでおすすめしたいものが、コドミンと呼ばれる多動症サプリです。

 

コドミンにはホスファチジルセリンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。

 

このホスファチジルセリンとは、脳の栄養素と呼ばれており、脳内の神経細胞や血流に影響する成分と言われています。

 

脳の血流を良くすることによって、子供の集中力を増加させることができるため、落ち着きのない子供の手助けとなるのです。

 

コドミンは3歳から4歳のお子様にも与えることが出来る

保育園や幼稚園、小学校などで落ち着きのなさが目立つようになるのは、5歳から8歳程度と言われています。

 

集団生活をすることによって、子供の多動症の存在に気づいたという方も多く、5歳から8歳の子供を持つ方がコドミンを購入するケースが多いです。

 

サプリメントということなので、与える年齢に悩んでいる人も多いですが、コドミンは何歳からでも与えることが可能です。

 

コドミンはラムネのようなタブレット状のサプリメントです。

 

そのため、ラムネのお菓子を食べられるような年齢であれば、何歳の子供にも与えることが可能です。

 

つまり、3歳から4歳の早い段階から与えることも可能だということになります。

 

3歳や4歳の子供だと薬を飲むたびに泣き出すという家庭もありますが、コドミンは心配要りません。

 

コドミンはラムネとヨーグルトが混ざったような味だと言われています。

 

苦い薬ではなく、お菓子に近い感覚で与えることが出来るので、子供も苦い薬を飲むストレスを感じる必要はありません。

 

そのため、3歳から4歳の子供にも安心して与えることが出来ます。

 

多動症ではないお子様にも良い効果が

コドミンは多動症を抑制させるサプリメントですが、多動症ではない子供にもおすすめできるサプリメントです。

 

コドミンのホスファチジルセリンは、脳の血流を改善する効果があります。

 

脳の血流を改善する事によって、集中力の増加だけでなく、記憶力や注意力、判断力の向上も期待が出来ます。

 

つまり、脳細胞そのものを活性化させる力があるので、3歳や4歳の早い時期から与えることで、今後の学業で良い成績を残すことができるようになる可能性も高いのです。

 

小学校の勉強についていくことができない、将来良い学校に入らせてあげたいと考える方は、コドミンを与えてみてはいかがでしょうか。

 

実際に授業や宿題を集中してやるようになったという口コミも多く見られれるので、一度試してみる価値はあると思います。

 

最後に

いかがでしょうか。

 

コドミンは脳細胞を活性化させる力があるので、集中力や判断力、注意力の向上に役立つサプリメントです。

 

ラムネのお菓子のようなサプリメントで味も美味しいため、5歳から8歳の子供だけでなく、落ち着きがないと感じる3歳から4歳の子供にも安心して与えることが出来ます。

 

多動症に効くサプリメントと言われていますが、学業や習い事に集中させることができるという効果も期待できるので、多動症の兆しがない3歳から4歳の子供に与えることもおすすめします。

 

落ち着きのない子供を前にするとご両親もストレスを抱えてしまいますが、本人も辛いのかもしれません。

 

家族全員が笑顔になれるためにも、是非コドミンをお試しください。

 

コドミンについては、公式サイトでさらに詳しく掲載されています。是非チェックしてみてください。

 

>>コドミンの公式サイトはこちら