コドミン 味

苦くて拒否される心配はなし?コドミンの味と摂取可能な年齢を徹底解説!

コドミンはどんな味?

 

苦い味の薬は子供の大敵です。コドミンの味は子供に受け入れられやすいのでしょうか?

 

コドミンの味について紹介します。

 

 

コドミンは苦い?

集中力がなく、落ち着きのないお子さんに困っている親御さんも多いかと思います。

 

基本的に集中力のなさや落ち着きのなさは、原因不明と言われている多動症が関係していると言われています。

 

原因不明ではありますが、「育て方が悪かった」「接し方が悪かった」と親御さんは自分を責めてしまいやすく、育児ストレスに繋がる恐れがあります。

 

そこで開発されたのが、子供の集中力や注意力を高める効果があるコドミンと呼ばれるサプリメントです。

 

大豆由来のホスファチジルセリンと呼ばれる成分が豊富に含まれており、脳細胞を活性化させることによって集中力や判断力の向上、注意力アップに繋がります。

 

多動症のお子さんに悩んでいる親御さんは喉から手が出るくらい欲しいサプリメントかと思いますが、お子さんがしっかりと飲んでくれるか不安を感じている人も多いですよね。

 

お子さんは基本薬嫌いなため、苦い味のサプリメントは薬と認識され、毎日飲んでもらえません。

 

また、嫌で泣き出してしまい、余計暴れさせてしまうことにも繋がりかねません。

 

そこで、今回はコドミンの味について調べてみました。

 

コドミンを購入検討中の方は是非参考にしてください。

 

コドミンはお菓子のように食べられるラムネ味!

コドミンの味を調べるために公式サイトと口コミを見ましたが、コドミンはお菓子のような味で作られていることがわかりました。

 

形状は直径1センチ程度のタブレット状で、味はラムネのような味がするとのことです。

 

口コミによると、ラムネと言う人もいれば、ヨーグルトのような味がするという人もいます。

 

ラムネやヨーグルトはお子さんが食べやすい食べ物であるので、お子さんが喜んで食べてくれることは想像できますよね。

 

口コミでも、味には抵抗感なく食べることができたというお子さんが多く、コドミンを摂取させることに一苦労という人は少ない印象でした。

 

しかし、ラムネ菓子やヨーグルトが苦手なお子さんもいるので、苦手なお子さんはコドミンを飲むことを拒むかもしれません。

 

その場合は、別のお菓子に混ぜたり、ジュースなどと一緒に摂取させることをおすすめします。

 

ラムネ菓子が食べられるようになればコドミンを飲むことができる!

味は子供向けに作られているとわかりましたが、実際に何歳から摂取させることができるのでしょうか?

 

基本的に、学校で支障が出てしまいコドミンを購入する親御さんが多いため、大体5歳から8歳ほどのお子さんを持つ親御さんがコドミンを使っているイメージがあります。

 

しかし、早い場合は保育園や幼稚園で症状が出てしまい、先生やお友達と上手くいかないという場合もありますよね。

 

コドミンは薬品ではありません。

 

サプリメントという扱いなので、何歳からでも飲むことができます。

 

しかし、タブレット状のサプリメントなので、ラムネ菓子が食べられるようになる3歳から4歳頃から飲ませることが可能です。

 

絶対に1歳や2歳の段階で飲ませないようにしてください。

 

つまり、早くて3歳からコドミンを飲ませることが可能ということになります。

 

安全性は保証されていますが、万が一体調不良を訴えた場合はすぐに使用を中止しましょう。

 

最後に

いかがでしょうか。

 

コドミンの味はラムネやヨーグルトに似た味であるため、お子さんが受け入れやすいサプリメントということがわかりました。

 

お菓子感覚で食べることができるので、摂取させる段階で苦労することはほとんどないでしょう。

 

また、ラムネ菓子が食べられる年齢にはコドミンを摂取させることができるため、3歳から4歳程度のお子さんに摂取させることも可能です。

 

家族内の笑顔を増やすためにも、是非コドミンを有効活用しましょう。

 

コドミンについては、公式サイトでさらに詳しく掲載されています。興味がある方は、是非参考にして下さい。