コドミン 危険性

副作用やアレルギーに注意?コドミンの危険性と安全性について

コドミンの危険性について

 

コドミンは落ち着きのない子供の集中力や注意力を向上させるサプリメントです。

 

そこで、コドミンは危険性があるのか調べてみました。

 

 

コドミンに危険性はあるの?

コドミンは、落ち着きのない子供の集中力や判断力を向上させるために効果的なサプリメントと言われています。

 

そのため、多動症と言われ学校などの集団生活で上手くいかないお子さんを持つ親御さんの間でとても話題になっています。

 

しかし、大事なお子さんに飲ませるサプリメントとして、「本当に子供に飲ませても大丈夫か?」と心配になる人も多くいます。

 

通販での購入となるので、余計に心配になってしまいますよね。

 

そこで、今回はコドミンに含まれる成分を調べ、危険性があるのか調べてみました。

 

お子さんに飲ませたいと思っている親御さんは、是非参考にしてくださいね。

 

コドミンに含まれるホスファチジルセリンとは?

コドミンの主な成分として、ホスファチジルセリンと呼ばれる成分が含まれています。

 

コドミンの中に含まれる成分の大半は、ホスファチジルセリンであるといっても過言ではありません。

 

ホスファチジルセリンは大豆にわずか0.03%しか含まれていない、食品由来の成分です。

 

ブレインフードと呼ばれる成分であり、ホスファチジルセリンによって脳細胞を活性化させ、集中力や判断力の向上、注意力を高める効果が期待できると言われています。

 

そのため、落ち着きのない子供を冷静にさせる効果や、習い事や勉強に集中させる効果があると言われているので、多動症ではない子供にも良い効果があると言われています。

 

子供だけでなく、大人も摂取したいと思ってしまうような成分ですが、この成分に危険性はないのでしょうか?

 

副作用やアレルギーの危険性は?

ホスファチジルセリンは大豆由来の成分です。

 

そのため、ホスファチジルセリンは過剰摂取しなければ安心して飲むことが出来ます。

 

1日100から300mgを目安に摂取するようにしましょう。

 

ホスファチジルセリンは安全な成分なので、コドミンも危険性のない安全なサプリメントだということがわかりますよね。

 

また、サプリメント扱いなので薬品ではありません。

 

そのため、副作用も心配するような成分は含まれていません。

 

しかし、多量に摂取してしまうと、体調不良や胃腸が悪くなる恐れがあります。

 

コドミンは1日2個から3個以内の摂取を守りましょう。

 

味がラムネのように美味しいため、子供は何個も欲しがるかもしれませんが、しっかりと管理することが大切です。

 

また、大豆由来の成分なため、大豆アレルギーがある子供も注意する必要があります。

 

心配であれば、事前にかかりつけの医師に確認を取るほうが良いでしょう。

 

また、使用している間に体に異変があった場合は、すぐに使用を中止し、症状が止まらない場合は医師の診察を受けるようにしましょう。

 

最後に

いかがでしょうか。

 

コドミンに含まれる主成分は大豆由来のホスファチジルセリンと呼ばれる成分であり、危険性がなく安全な成分です。

 

そのため、コドミンも危険性がなく、安心して飲むことが出来るサプリメントです。

 

薬品ではないため、副作用の危険性もありません。

 

副作用はありませんが、大豆由来の成分なので大豆アレルギーの子供の摂取には気をつけるようにしましょう。

 

事前に医師に相談することがとても無難です。

 

万が一、使用中に体調不良を訴えた場合はすぐに使用を中止し、症状が続くようであればかかりつけの医師に診断してもらうことをおすすめします。

 

危険性がないサプリメントですが、多量に摂取してしまうと体調を崩す恐れがあります。

 

しっかりと用法容量を守ることが、何より安全に使用するためのポイントです。

 

容量さえ守れば安全なサプリメントなので、是非安心してお子さんに飲ませてくださいね。

 

コドミンについては、公式サイトでさらに詳しく掲載されています。是非チェックしてみてください。