多動児

多動児記事一覧

多動児は、発達障害である場合と成長過程の一環である場合があります。そこで、3歳から4歳の多動児の特徴と原因を調べてみました。多動児は落ち着きがないだけ?子供の落ち着きがない行動や、考えなしに動いてしまう症状のことは、多動症という名称で多くの人に知れ渡っています。このような多動児に悩む親御さんはとても多く、育児ストレスにつながり、虐待やネグレクトという最悪の展開になる可能性も否定できません。多動児で...

多動児の子供は、子供との接し方に悩み、周囲の人への配慮が必要不可欠です。そこで、どのように自分の子供が多動児かチェックする方法をまとめました。多動児かどうかチェックしたい小学校就学前の、幼稚園や保育園に通うお子さんは、お友達とのトラブルが原因で多動児だということが判明するケースがとても多いです。多動児を持つ親御さんは、言うことを聞かないお子さんと「育て方が悪い」「しつけが悪い」という周りの声の間に...

多動児が一緒だからと海外旅行を諦めるご家庭は少なくありません。そこで、多動児と快適に飛行機に乗ることができる方法をご紹介します。家族での海外旅行を楽しいものにするために多動児のお子さんを持つご家庭の多くは、家族旅行がネックになっていることがあります。特に、飛行機に乗らなければいけない海外旅行などは、長時間飛行機に乗るため、お子さんが暴れだすことを恐れて行きたくても行けない、という人も少なくありませ...

多動症は脳の神経伝達物質の分泌異常が原因と言われています。多動症を改善する薬は多く開発されていますが。どのような薬があり、どのような副作用があるのか調べてみました。多動症の薬の副作用が心配…多動症は集中力や注意力がなく、落ち着きがない症状として知られており、小学校就学前に多く見られると言われています。現在ではADHDと呼ばれる発達障害に該当されており、子供の頃に発症し、大人になっても苦しんでいる人...

多動症の薬は副作用は強いということで摂取を諦めてしまう人も多いです。副作用の少ない漢方薬で多動症に効果がある薬があるのか調べてみました。多動症の薬は副作用が怖い多動症はADHDと呼ばれる発達障害でもあり、落ち着きのなさや注意力の欠陥などが主な症状となっています。症状が現れるのは、他人と集団行動をスタートさせる幼稚園や小学校就学前くらいの年齢だと言われており、大人になっても同じ症状で苦しむ人は多くい...