多動症 漢方薬

多動症の新たな治療方法!多動症に効果的な漢方薬まとめ

多動症に漢方薬は効く?

 

多動症の薬は副作用は強いということで摂取を諦めてしまう人も多いです。

 

副作用の少ない漢方薬で多動症に効果がある薬があるのか調べてみました。

 

 

多動症の薬は副作用が怖い

多動症はADHDと呼ばれる発達障害でもあり、落ち着きのなさや注意力の欠陥などが主な症状となっています。

 

症状が現れるのは、他人と集団行動をスタートさせる幼稚園や小学校就学前くらいの年齢だと言われており、大人になっても同じ症状で苦しむ人は多くいます。

 

多動症は脳の神経伝達物質の分泌が上手くできていないことが原因で、発症した先天性の脳の障害です。

 

そのため、脳の機能を改善する中枢神経刺激薬、非中枢神経刺激薬などの薬が開発されており、多動症に効果があると言われています。

 

しかし、それらの薬の多くの問題は、副作用がとても強いことです。

 

時には生活が困難になるくらい強い副作用に見舞われることもあり、お子さんなどは特に薬の摂取を嫌がってしまいます。

 

そこで、副作用の少ない漢方薬なども多動症に効果がある薬として言われていますが、実際にどのような漢方が多動症に効くのでしょうか?

 

今回は、多動症に効果があると言われている漢方薬を集めてみました。

 

是非参考にしてください。

 

多動症に効果がある漢方薬とは?

紫胡と呼ばれる漢方薬は、細胞を刺激する効果、抗炎症効果、鎮静効果が期待できる漢方薬です。

 

特に、紫胡の鎮静効果は、多動症の衝動性と多動性を抑える効果があると言われており、多動症を改善させることができます。

 

次に高麗人参も多動症に効果があると言われています。

 

高麗人参は集中力を高める効果が高いと言われている漢方薬です。

 

また、脳の発達を正常化させる効果も期待できるため、発達が遅れがちなお子さんにも高麗人参はおすすめです。

 

ナツメの一種である、タイソウは、神経と精神を穏やかにする効果が期待できます。

 

精神を安定させることができるので、多動症の衝動性や癇癪を抑えることができます。

 

さらに、イチョウ葉は、脳の認知する機能を促進させることができます。

 

神経伝達物質を増加させる効果があるため、神経伝達物質の分泌が上手くいっていない子供の脳の働きを助けることができます。

 

このように、漢方薬には多動症に効果が期待できる薬が多く存在します。

 

副作用が気になる人は、漢方薬を選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

 

漢方薬は科学的に効果が認められているのか?

漢方薬が多動症に効くという検証は、実際に科学的に行われています。

 

多くの中国の大学で、多動症の子供を集め、漢方薬を与える前と、与えた後の症状の改善を調べるという研究が行われました。

 

結果、ほとんどの研究結果が、80%から90%の子供たちの症状の改善があったという結果になりました。

 

さらに、一部の子供たちはIQのスコアもアップしたという研究結果もあり、脳の集中力や判断力を高め、学業にも効果があるという結果も出ています。

 

そのため、漢方薬が多動症に効くという説は単なる仮説ではなく、研究の末に科学的に実証された事実であるということがわかります。

 

漢方薬が本当に効くのかと疑う人も多いですが、研究で実証されているため、一度試してみる価値はあると思います。

 

最後に

いかがでしょうか。

 

多動症の薬は効果も高いですが、副作用が強いことで知られています。

 

そのため、快適に生活をするためにも、多動症の治療方法として漢方薬が採用されることも増えました。

 

単なる仮説ではなく、多くの研究によって科学的に漢方薬が多動症に効果があるということが実証されています。

 

副作用が辛くて薬が続かなかったという人も、是非漢方薬を試してみることをおすすめします。

 

漢方薬は、種類によって何に効くのか異なるため、ご自身やご家族に合った効果の漢方薬を選ぶようにしましょう。

 

漢方薬を取り扱う医師の診断を受けることもおすすめします。