多動症 薬 副作用

徹底解説!多動症に効く薬の概要と副作用について

多動症に効く薬、副作用について

 

多動症は脳の神経伝達物質の分泌異常が原因と言われています。

 

多動症を改善する薬は多く開発されていますが。どのような薬があり、どのような副作用があるのか調べてみました。

 

 

多動症の薬の副作用が心配…

多動症は集中力や注意力がなく、落ち着きがない症状として知られており、小学校就学前に多く見られると言われています。

 

現在ではADHDと呼ばれる発達障害に該当されており、子供の頃に発症し、大人になっても苦しんでいる人は少なくありません。

 

多動症の大きな原因は、脳の神経伝達物質の分泌が少ないために起きるとされており、脳の先天性的な障害だと言われています。

 

そこで、脳の神経伝達物質の分泌を正常化すれば症状を和らげることができるということなので、多くの多動症に効果的な薬が開発されています。

 

しかし、脳に直接働く薬だからこそ気になるのが副作用ですよね。

 

大人はもちろん、子供にも副作用の強い薬は飲ませたくないものです。

 

そこで、多動症の代表的な薬であるコンサータとストラテラの副作用について調べてみました。

 

是非参考にしてください。

 

多動症の薬であるコンサータとストラテラとは?

コンサータとは、中枢神経刺激薬と呼ばれる薬の代表的な薬です。

 

中枢神経刺激薬は、脳のドーパミンの分泌を促す効果があると言われています。

 

脳のドーパミンの分泌を促す薬は、非常に強い薬であるため、脳に強い影響を与えます。

 

そのため、副作用も強く、イライラや食欲不振、吐き気、鬱、心拍上昇などの症状が見られます。

 

また、依存性が強いと言われており、つい最近までは子供にしか処方できない薬でした。

 

一方で、脳のノルアドレナリンの回収を妨げる効果のある非中枢神経刺激薬であるストラテラの副作用は、中枢神経刺激薬よりも弱いと言われています。

 

弱いと言われていても、疲労や便秘、眠気、腹痛などの副作用は見られるため、100%快適に使えるというわけではなさそうです。

 

さらに鬱症状や、自殺念慮などの症状が見られる場合もあるため、精神面にも大きく影響します。

 

多動症の改善を促す薬として影響力はとても強いですが、副作用があることによりさらにイライラや落ち着きのなさを生み出してしまう可能性もあります。

 

薬の使用に関しては、かかりつけの医師としっかりと相談し合うことが大切です。

 

子供の多動症にはコドミンがおすすめ!

子供の多動症には、コドミンと呼ばれるサプリメントがおすすめです。

 

コドミンは、薬品ではなくサプリメントであり、ホスファチジルセリンと呼ばれる脳細胞を活性化させる効果がある成分が含まれています。

 

薬品ではないため、副作用はなく、安心して摂取させることができます。

 

また、タブレット形状のラムネ菓子のような見た目で、味もヨーグルトやラムネに近い味となっています。

 

お菓子感覚で食べることができるので、苦い薬に抵抗するお子さんも喜んで食べてくれるサプリメントです。

 

薬の副作用が怖いという親御さんは、是非一度コドミンを試してみてはいかがでしょうか。

 

最後に

いかがでしょうか。

 

多動症は子供から大人まで、症状に悩む人はとても多いです。

 

脳神経に影響を与える薬が多動症に効果的と言われていますが、体調不良や鬱症状など深刻な副作用も見られます。

 

お子さんに副作用がある薬を与える事に抵抗感のある親御さんは、コドミンという多動症サプリメントを使用してみることをおすすめします。

 

コドミンであればサプリメントなので副作用もなく、味も美味しいため、お子さんもストレスなく摂取することができます。

 

副作用のある薬は、副作用が強いほど効き目が強い薬であるため、多動症に対する効き目も高いと言われています。

 

しかし、生活が困難になるほどの副作用が起こる可能性があるため、使用する際はしっかりと自分、または家族の体調変化を観察することが大切です。

 

多動症の患者さんに適しており、なるべく快適に過ごせるように薬を選んでいきましょう。