多動児 特徴 4歳

障害?成長過程の一環?3歳から4歳の多動児の特徴と原因

多動児の可能性のある4歳の特徴

 

多動児は、発達障害である場合と成長過程の一環である場合があります。

 

そこで、3歳から4歳の多動児の特徴と原因を調べてみました。

 

 

多動児は落ち着きがないだけ?

子供の落ち着きがない行動や、考えなしに動いてしまう症状のことは、多動症という名称で多くの人に知れ渡っています。

 

このような多動児に悩む親御さんはとても多く、育児ストレスにつながり、虐待やネグレクトという最悪の展開になる可能性も否定できません。

 

多動児であるお子さんは、生まれ持った発達障害である可能性と、成長過程で見られる行動である可能性の2パターンが存在します。

 

発達障害はADHDと呼ばれ、日本語名称では「注意欠陥・多動性障害」と言われています。

 

症状の特徴としては不注意やじっとしていられない多動性、とっさに動いてしまう衝動性などが挙げられますが、年齢や性別によっても異なります。

 

しかし、このような行動を取るお子さんが一概に全て発達障害というわけではありません。

 

気になるようであれば、児童センターなどで確認してみることをおすすめします。

 

今回は、小学校就学前の3歳から4歳ほどのお子さんの多動児としての特徴をご紹介したいと思います。

 

お友達や先生、周りの人とのトラブルを生み出す行動が多い

保育園や幼稚園に通う3歳から4歳のお子さんが多動児の場合は、周りの人とトラブルが起きてしまう原因を作り出してしまうという特徴があります。

 

つまり、お友達との喧嘩や先生に対する反抗などが挙げられます。

 

症状には個人差があるので、あくまで参考程度に思っていただければ幸いです。

 

さらに詳しい特徴としては、他のお友達に乱暴をしたり、お遊戯の時間にじっとしていることができない、癇癪を起こし先生に八つ当たりをしてしまう、などがあります。

 

また、物を意図的に壊すなど、破壊的な遊びを好む場合も多動児に多く見られる特徴です。

 

しかし、3歳から4歳でこのような行動を見せる場合、発達障害ではなく単なる成長過程での行動である可能性もとても高いです。

 

発達障害の特徴は、小学校就学前の5歳から6歳にかけて顕著に現れると言われているので、お子さんをしっかり観察するようにしましょう。

 

これらの行動は、言葉で注意しても同じことを繰り返してしまう傾向にあります。

 

何度も注意しても聞いてもらえないと疲れてしまう親御さんが多いですが、「どうせ同じことを繰り返してしまうから。」と軽く受け止めることが大切です。

 

多動児になってしまう原因は?

3歳から4歳の幼稚園や保育園で他人と接する機会が増えてから、はじめて多動児として認識する親御さんも少なくありません。

 

周りには「しつけが悪い」「親の責任」と責められることも多く、親御さんも自己責任に苦しんでしまう人もとても多くいます。

 

しかし、発達障害の場合は脳の先天性的な障害であるため、親御さんのしつけや育て方が問題ではないと言われています。

 

成長過程で起こる場合も、あくまで「反抗期」と似たような時期であるため、必ずしも育て方やしつけが結びつくものではありません。

 

しかし、一方では家庭環境や幼稚園、保育園の環境が関係している場合もあります。

 

言葉で上手く伝えることのできない3歳から4歳のお子さんが、暴れたりすることによって心のSOSを出している場合もあります。

 

特に、保育園や幼稚園での環境や人間関係、家庭内の人間関係が大きく影響する可能性が高くなります。

 

障害や成長過程と判断する前に、お子さんとのコミュニケーションを綿密にし、何か問題を抱えていないかチェックすることも重要です。

 

最後に

いかがでしょうか。

 

3歳から4歳の多動児の特徴としては、他のお友達に乱暴をしてしまう、破壊的な遊びが好き、癇癪を起こしやすいという点が挙げられます。

 

言葉が上手く話せない3歳から4歳のお子さんは、癇癪を起こすなどの行動によって心のSOSを出している可能性もあります。

 

多動児としての障害があるのか、成長過程なだけなのか、周りの環境が影響していないか確認するためにも、お子さんとのコミュニケーションはしっかり取ることが大切です。