多動児 チェック

早期に多動児かどうか見分けるために!多動児のチェック方法と対応方法まとめ

多動児の行動をチェック

 

多動児の子供は、子供との接し方に悩み、周囲の人への配慮が必要不可欠です。

 

そこで、どのように自分の子供が多動児かチェックする方法をまとめました。

 

 

多動児かどうかチェックしたい

小学校就学前の、幼稚園や保育園に通うお子さんは、お友達とのトラブルが原因で多動児だということが判明するケースがとても多いです。

 

多動児を持つ親御さんは、言うことを聞かないお子さんと「育て方が悪い」「しつけが悪い」という周りの声の間に挟まれ、苦しい思いをしている人が少なくありません。

 

そのため、「できれば小学校や幼稚園に行く前に自分の子供が多動児ではないかチェックしたい。」という親御さんもとても多いのです。

 

そこで、今回はお子さんが多動児であるかどうかチェックできる方法をご紹介します。

 

是非、お子さんが当てはまるかどうか確認してみてください。

 

多動児のチェック方法1.症状が半年以上続いているか確認する

多動児かどうかのチェック方法で一番大切なことは、症状が半年以上続いているかどうか知ることです。

 

半年以内の症状の場合は、成長過程の一環である場合や、ストレスなど一時的な症状である場合がとても多いです。

 

半年以上症状が続くことによって、はじめて多動児か発達障害である可能性が高くなります。

 

また、半年以上続いていても、ずっとストレスを感じて心のSOSを出している場合もあります。

 

多動児かどうかのチェックをする場合は、症状が続く期間と、お子さんを取り巻く環境で何かおかしいことがないか確認し、お子さんと綿密なコミュニケーションを取ることを徹底しましょう。

 

多動児のチェック方法2.集中力と注意力のチェックをする

多動児のチェック方法では、お子さんの集中力と注意力をチェックすることが大切です。

 

集中力に関しては、人の話をしっかり聞くことができているか、静かにするようにと注意されることが多いか、宿題や課題などを最後までやりきることができない、などをチェックすることをおすすめします。

 

また、注意力に関しては、忘れ物が多いか、怪我をしやすいか、などをチェックするようにしましょう。

 

それらの症状が半年以上続いているかどうか、必ず確認しましょう。

 

多動児のチェック方法3.多動性と判断力のチェックをする

次に、お子さんの多動性と判断力をチェックします。

 

多動性に関しては、じっとしていることが苦手で落ち着かない、授業やお遊戯の時間にずっと座っていることができない、友達を邪魔することが多い、順番が待てずに割り込んでしまう、などを確認しましょう。

 

判断力に関しては、TPOを弁えず喋り続ける、話を最後まで聞かずに答えてしまう、などの行動をチェックすることが大切です。

 

多動児かも?と思った時は?

以上の項目をチェックし、自分の子供が多動児かもしれないと思った時は、まず相談するようにしましょう。

 

最初は家族内で相談し、次に児童センターなど公共の子育て支援センターなどを利用することをおすすめします。

 

多動児かもしれない、と思った時に真っ先に診察にいくことは控えましょう。

 

公共機関で相談をした上で、診察したほうが良いという判断になった場合、医師の診断を受けることをおすすめします。

 

デリケートな話題になってしまうため、ご自身や家族、お子さんのメンタルケアを怠らないようにすることが大切です。

 

最後に

いかがでしょうか。

 

多動児についてまだ理解が少ないため、周りの人から心無い言葉をかけられることもあれば、「自分が悪い」と殻に閉じこもってしまい、育児ストレスが蓄積されてしまいます。

 

大切なのは、冷静に自分の子供が多動児であるかどうかをチェックし、家族と相談し、公共機関を利用することです。

 

すぐに医師に診断してもらうのではなく、必ず公共機関へ相談をした上で診察を受けるようにしましょう。

 

デリケートな問題であるからこそ、家族全員でサポートし合っていくことが何より大切です。